ホルモン療法
2017年04月17日更新 2017年04月17日公開

不妊治療に効果のあるとされるホルモン治療とはどんな治療?

日本では不妊に悩む夫婦が増えているといわれています。不妊治療の一つであるホルモン治療とはどのようなものなのでしょうか。ここでは、不妊症とホルモン治療についてドクター監修のもと詳しく解説していきます。

一言で不妊治療といってもさまざまなものがあります。そもそも赴任というのはどのような病気で、ホルモン治療の効果というのはどのようなものなのでしょうか。

不妊症とは

不妊症というのは、子供を作りたいと思っている夫婦が1年間子づくりをしていき、それでも子供ができない状態のことを言います。通常の健康的な夫婦であれば、1回の性行為で妊娠できる可能性というのは、およそ3割といわれています。非常に低い確率だと思われますが、実際に妊娠というのはある意味奇跡だともいわれています。

近年では、この不妊症に悩む夫婦の数というのは、徐々に増えてきているといわれています。不妊症を解決して元気な赤ちゃんを妊娠するために、不妊治療を行う夫婦も増えてきているといわれているのです。

不妊の原因とは

不妊症というのは、原因特定が非常に難しいといわれています。卵巣が機能していないということや、子宮に問題がある場合は体の不都合として確認することができるのですが、精密検査を行ったとしても原因特定が難しいとされています。

卵管が通っているのかを実際に確認するのは非常に難しいですし、受精をしているけれども着床を確認することができない、または男性自身に原因があるなどさまざまな要因があります。

ですので、不妊症を解消するための不妊治療というのは、徐々に段階を踏んでいきながら治療していくとされています。

不妊症の治療方法

不妊治療というのは、大まかに分類していくつかの方法に分けることができます。不妊症上の重症度によって治療が異なっていきます。代表的なものが、以下の5つの方法です。

不妊症の治療法

・タイミング法

・排卵誘発法

・卵管造営法

・人工授精

・体外受精

年齢によってスタートも変わりやすい

また、これらの治療法というのは、妊娠を望む夫婦の年齢によっても違ってくるといわれています。若い夫婦であれば、今後の妊娠の可能性も高いことから、タイミング両方から進めていく場合が多いです。ですが、恒例の夫婦で妊娠を望む場合、早い段階から高度な不妊治療を進めていくことがありますので、担当の医師と相談をしながら治療を進めていくとよいとされています。

ホルモン治療とは

ホルモン治療法というのは、女性ホルモンの影響やなんらかの要因により、妊娠が難しい場合に行われる治療法です。女性ホルモンというのは、妊娠に向けて非常に効率よく運動しているものですが、これがなんらかの理由によりうまく働かない状態の人にホルモン治療が行われることが多いです。

検査でわかる症状

すべての不妊症患者で、ホルモンが原因となっていると特定することはできないといわれていますが、次の症状の場合ホルモンが原因により不妊となっていると特定することができるといわれています。

・生理不順

・生理痛がひどい

・黄体機能不全

・ホルモン異常症

これらの症状が顕著にでている場合に、ホルモン治療を行うことにより、妊娠を実現することができた夫婦というのは多いといわれています。

ホルモン治療の治療法

ホルモン治療という治療法は、一般的には排卵誘発黄体ホルモン、卵胞ホルモンを配合しているピルを処方されて服用する場合が多いとされています。

また、治療法によっては、生理周期の調整を行うために、低温気にエストロゲンを投与したり、高温期にプロゲステロンを投与したりするなどの治療を行うことがあります。この治療法では、正しい生理のサイクルを取り戻すために行われることが多いです。また、そのほかにも、ホルモン治療によって排卵を誘発したりするなど、不妊治療のさまざまなステップで併用される治療法と言えるでしょう。

ホルモン治療の注意点

ホルモン治療の注意点としては、副作用に注意する必要があるということです。通常であれば、体内でうみだされる女性ホルモンなどを体外から直接摂取しますので、脳の中で想定している女性ホルモンよりも多く体内に存在することになります。そのため、体質によっては、吐き気、嘔吐、胃痛などをはじめとした副作用に悩まされることがあります。服用を続けることで、緩和される可能性もありますが、副作用が継続する場合は飲み方や時間、薬そのものの変更をするなどして調整をします。あまりにつらい場合は、医師に相談するようにしましょう。

保険適用はできるのか

不妊治療で悩ましいことなのですが、その治療のほとんどが保険外診療となってしまうことが多いです。ホルモン治療を受けるためのホルモン剤については、保険適応をすることができませんので、全額自己負担となるとされています。ホルモン治療を受ける際には、費用の面でもしっかりと理解しておくとよいでしょう。

「ホルモン療法」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play