男性不妊
2017年07月06日更新 2017年03月14日公開

男性不妊にはどのようなものがある?男性不妊の検査とは

男性不妊に悩む男性というのは増加傾向にあるといわれています。自分は大丈夫なのか気になる人も多いといわれていますが、ここでは男性不妊の検査などについてドクター監修のもと詳しく解説していきます。

監修医師

この記事の監修者
 サズカル参画ドクター 先生

男性不妊には、さまざまな原因がありますが、近年ではその数が増えているといわれています。ここでは、男性不妊の種類や検査について見てみましょう。

増える男性不妊

近年は男性不妊の患者が増えてきているといわれていますが、ほとんどの患者で原因は不明です。明らかな男性不妊の原因としては、精巣(睾丸)が陰のうまで降りてこない停留精巣のような先天的な要因のほかに、タバコ、おたふく風邪、高温の環境、精巣や前立腺への細菌感染、薬の副作用のよるものなどがあります。父親/母親になろうと決心したら夫婦でキッパリ禁煙しましょう。さらに内服の男性用育毛剤のあるものは精子の状態を悪くします。処方医とよく相談しましょう。

男性不妊の種類

男性不妊は、以下の通りに分類されます。

乏精子症

乏精子症は、精子の数が正常な男性に比べると少ない状態のことをいいます。多い人では、1回の射精で1億個以上の精子を出すこともあります。精液の基準値が国際的に定められており、一回に射精された精液中に精子が3900万匹未満の場合、乏精子症と診断されます。

精子無力症

精子無力症は、運動する精子が少ない状態を指します。国際基準では、運動精子(前進精子+前進せず動いているのみの精子)が40%未満、もしくは元気に前進している精子が32%未満であった場合に精子無力症と診断されます。一般に精子の数が少なくなると、精子の運動も弱くなる傾向があります。

無精子症

無精子症は、射精された精液の中に精子が全くいない状態をいいます。精子は精巣で造られます。精巣で精子が造られていないものが大半を占め「非閉塞性無精子症」と呼ばれます。一方精巣で精子が造られていても、精子の通路が詰まって精子が精液中に出てこない「閉塞性無精子症」もあります。

男性不妊の診療

まず問診です。結婚期間、お子様を希望している期間、性欲・勃起・射精の調子、既往歴(持病、手術、アレルギー、内服薬)、タバコ、飲酒の有無、奥様の年齢、奥様の持病、産婦人科的検査結果などが質問されます。

次に診察です。ヒゲの濃さ、筋肉の付き方、陰毛の生え方、ペニスの状態、精巣のサイズ、精巣上体・精管といった精子の通り道を診察します。さらに精巣に行く血管を診察して精索静脈瘤の有無を調べます。

男性不妊の検査

男性不妊の確実な診断には検査が必要です。ここからは、男性不妊の検査について詳しく解説します。男性不妊の問診、診察を受けたあと、次のような検査を受けるように指示されます。

精液検査

精液検査は、男性不妊検査の中でもっともポピュラーな検査です。精液検査では、精液の中にどれくらいの精子が含まれているのか、精子にどれくらいの運動能力があるのかなどを調べます。2~7日間禁欲して(射精をガマンして)、マスターベーションにより専用の検査容器に精液を採って医療施設に持って行き、精液の量・精子の数や運動性を調べます。精液の検査をする場合、当日採った精液でなければなりません。前日に採った精液を翌日の検査に出すと、精子の運動性が低くなってしまいます。精液の採取には、自宅で採って病院にもっていく方法と、医療施設の精液採取室で採る方法があります。自宅で採る場合には、検査容器に採取後、容器のフタをしっかり閉めて、ズボンのポケットに入れるなどして、体温に近くして、すみやかに医療施設に持って行く必要があります。精液検査の基準値は国際的に以下のように定められています。

精液検査の基準値    精液量:1.5ml以上

            精子濃度:1500万匹/ml以上

            精子運動率:(前進精子+非前進精子)40%以上

            または前進精子32%以上

 総精子数/1回の射精:3900万匹以上

 正常形態率:4%以上

ホルモン検査(採血)

精巣で精子が造られるには、脳下垂体よりのホルモンであるゴナドトロピン、精巣で造られる男性ホルモンであるテストステロンが必要であり、これらのホルモンは互いに連動しています。採血でこれらのホルモンを調べます。

染色体検査(採血)

染色体は細胞内の「核」という所にあり、そこに遺伝子が収納されています。染色体は採血で調べられます。無精子症には染色体異常が高い確率(約10%)で認められます。

Y染色体上遺伝子(AZF)検査(採血)

無精子症や乏精子症患者には、Y染色体上に存在する遺伝子である「AZF」に異常のある人がいます。この検査は採血で調べられます。今後の治療を行う際の大切なデータとなります。

「男性不妊」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play