シミ・そばかすの治療
2017年03月03日更新 2017年02月01日公開

肝斑にはどのような治療方法があるのか

肝斑に悩んでいるのは、30代から40代の女性が多いといわれています。肝斑があらわれるのは、なにが原因なのでしょうか。また、肝斑の治療はどのような方法かあるのかをドクター監修の記事で解説していきます。

左右の目の下に薄茶色のシミができていたら、それは肝斑(かんぱん)の可能性があります。肝斑を治療するにはどのような方法があるのか気になります。まずは、肝斑とはどういったものかみていきましょう。

肝斑とは

肝斑とは、薄茶色のシミで、30代から40代の女性に多いとされています。目の下や鼻の下、額、頬などに左右対称にでき、肝臓と同じような形であらわれることが肝斑の大きな特徴とされています。また、閉経後の女性は、肝斑の症状は進行しにくくなるとされており、肝斑が薄くなる方もいるといわれています。では、肝斑がどうしてあらわれるのか、肝斑の原因についてみていきましょう。

肝斑の原因について

プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)といった女性ホルモンの内、プロゲステロンのバランスが乱れていることが、肝斑の主たる原因と考えられています。ですから、ピルを服用しているときや妊娠中、更年期などに肝斑があらわれることが多いとされています。その他には、紫外線や化粧品が肌に合っていないことなどが原因とされています。さらに、ストレスをよく感じている方や力を入れて肌をこすっている方も肝斑があらわれる可能性は高いといわれています。

自己判断は肝斑が悪化するおそれも

シミがあらわれる原因はさまざまありますが、肝斑とシミが近くにあらわれることがあります。左右対称にあらわれることが特徴とされている肝斑の片側にシミが併発していると、左右対称になっていないから肝斑ではないと自己判断をされる方がいます。自己判断で、シミに効果的とされている化粧品などを使用するとシミは薄くなっても肝斑には効果がなく、悪化してしまうおそれがあります。肝斑の治療は、一筋縄ではいかず、長期にわたり続けて行わなければ改善しないこともありますので、皮膚科などを受診するようにしてください。肌色の明度などを基準にして診察することもありますので、正しい判断をしてもらうために、ちゃんとメイクを落としてから、皮膚科などを受診するようにしてください。皮膚科で肝斑と判断をされれば、外用薬や内服薬での治療やレーザーを用いた治療などが行われます。

外用薬を使用した肝斑の治療方法

肝斑の治療で使用される外用薬は、トレチノインやハイドロキノンが配合されている外用薬が主流となっています。トレチノインとハイドロキノンの認められている効果には違いがあり、一緒に使用することで肌への浸透力が高まるといわれています。トレチノインは、アレルギー反応がないとされていますが、ハイドロキノンは、アレルギー反応があらわれる方もいるとされていますので、ドクターの指示通りの使用方法を遵守するように注意してください。

血液中に流れているトレチノイン

ビタミンAの誘導体であるトレチノインは、人間の血液中に微量ですが流れているとされています。表皮の細胞がより活発に活動する助けとなる働きをするのがトレチノインです。ビタミンAと比較するとおよそ100倍から300倍もの生理活性がトレチノインにはあるとされており、肌のターンオーバーを促進させることにより、メラニン色素を表皮内から皮膚の外へ放出させると考えられています。さらに、トレチノインを長期にわたり使用することで、真皮や表皮を厚くする効果やコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す効果が認められているので、肌のハリが回復したり小ジワが改善したりする効果が期待できます。

しかしながら、妊娠を予定している方や妊娠中、授乳中の方への使用はできないとされています。それは、ビタミンAが細胞の活性化に影響を与えることからです。また、皮膚へ強い刺激があるといわれていますので、トレチノインを使用することで、肌がヒリヒリしたり乾燥したりすることがあるので、違和感があればすぐにドクターに相談することが大切です。

ハイドロキノンは肌の漂白剤

一般的に美白効果が高いとされているコウジ酸やアルブチンと比較して、およそ100倍の美白効果があるとされているのが、ハイドロキノンです。この美白効果の高さから、「肌の漂白剤」とハイドロキノンは呼ばれています。ハイドロキノンには、シミなどの原因とされているメラニンを生成するメラノサイトの活動を抑制する効果とメラニンを減少させる効果があるとされています。 しかしながら、ハイドロキノンでアレルギー反応や炎症反応が起きる可能性があります。さらに、間違った用法や用量で使用すると、白斑と呼ばれる肌の一部分が白くなる現象を引き起こすおそれがあります。そして、ハイドロキノンを長期にわたり使用することで、紫外線への防御機能が弱まる可能性が否定できませんので、ハイドロキノンは、ドクターの指示を守って使用することが何よりも大切です。

内服薬を使用した肝斑の治療方法

内服薬を服用し、内側から改善することも肝斑の治療には有効だと考えられています。主な成分としては、トラネキサム酸やL-システイン、ビタミンCなどとされています。

アミノ酸の一種であるトラネキサム酸

女性ホルモンのバランスが崩れることが原因となり分泌される情報伝達物質であるプラスミンが、メラニンの生成を促進させることが肝斑の原因のひとつとされています。このプラスミンの活動を抑制する効果があるとされているのがトラネキサム酸です。トラネキサム酸には、抗アレルギー効果や抗炎症効果、止血効果などがあるとされているので、湿疹や扁桃炎(へんとうえん)などの治療でも使用されることがあります。

L-システインもアミノ酸の一種

L-システインは、メラニン色素の生成を抑制する効果や肌のターンオーバーにより過剰に生成されたメラニンを皮膚の外へ放出する効果があるとされています。さらに、L-システインを体内に摂りこむことでコラーゲンの生成が促進させるので、肌のハリを維持する効果が期待できます。

ビタミンCは美白のビタミン

内服薬だけではなく、外用薬に含まれることもあるのが「美白のビタミン」と呼ばれるビタミンCです。抗酸化作用が強いので、メラニンの発生を抑制する効果があるとされています。さらに、ビタミンCは、ヒアルロン酸やエラスチン、コラーゲンなどの生成に関連のある細胞をサポートするといわれています。

レーザートーニングによる治療

肝斑は、刺激を受けると悪化してしまうおそれがありますが、特殊なレーザーで刺激を与えずに溜まってしまったメラニンを徐々に減らしていくことができる治療方法がレーザートーニングです。レーザートーニングは、肝斑だけではなく、毛穴の開きやシミなどの治療にも有効とされています。治療は短い時間で行うことが可能で、回復までの期間もないことが特徴といわれています。

「シミ・そばかすの治療」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play