生理周期とホルモンバランス
2017年08月23日更新 2017年08月23日公開

生理前の肌荒れが起きやすい理由と対処法

生理前に吹き出物やニキビなど、肌荒れに悩まされるという方は少なくありません。そのような肌荒れを未然に防ぐために、ここでは、生理前に肌荒れが起きやすい理由と対処法をまとめドクター監修の記事でお伝えします。

生理前になると肌がベタベタしたり、ぶつぶつと吹き出物が出てしまったり、肌荒れにお悩みの方は少なくないでしょう。そのような肌荒れには、女性特有の原因があるのです。ここでは、生理前の肌荒れの対処法について見てみましょう。

生理前に肌荒れが起こる理由

生理前の肌荒れはなぜ起こるのでしょうか。それは、女性ホルモンが生理周期によって変化するためです。女性ホルモンには、「黄体ホルモン」と「卵胞ホルモン」があり、生理周期に合わせてそれぞれ分泌量が変化するということが分かっています。

生理後から排卵までの期間は、卵胞ホルモンが優位になる「卵胞期」と呼ばれる時期です。この時期には、一般的に女性の肌や体調もよい時期だといわれています。しかし、排卵後からは「黄体期」に入り、徐々に黄体ホルモンの分泌が増えはじめることになります。そして、生理がはじまる前の7日間にはもっとも多くなります。

黄体ホルモンの分泌が増えるとどうなる?

黄体ホルモンが優位になると、皮脂の量が増えることが知られています。そして、もっとも量が多くなる最後の7日間には皮脂が毛穴にたまってしまい、ニキビや吹き出物などが現れやすくなるのです。また、この時期は紫外線や刺激に対して肌がとても敏感になっている時期でもあります。知らないうちに肌にダメージを与えてしまい、あとあとになってシミやソバカスができてしまっているのに気づくということもあります。

生理前の肌荒れを未然に防ぐには?

生理前は、肌荒れが起こりやすい時期ですが、中にはそれをあまり感じさせない健康的な肌の方もいます。そういった方は、肌本来の免疫力が高く、黄体ホルモンによる影響を防げていると考えられます。また、生理周期に合わせたスキンケアを行うことでも未然にトラブルを防ぐことが可能です。以下に、肌の免疫力を高める方法や生理前のスキンケアについてまとめました。

肌にストレスをかけないように

まず、肌にストレスをかけてしまう除毛は控えましょう。洗顔をするときには、皮脂が多いとどうしてもゴシゴシと擦ってしまいがちですが、そういった刺激が肌の負担になる場合もあります。ぬるま湯で、こすらずにやさしく洗いましょう。

また、新しい化粧品を使うのもなるべく避けたいところです。ボディオイルを使ったり、エステに行ったりといった特別なケアも、場合によってはかぶれてしまう原因になります。生理後から排卵が起こるまでの期間は肌トラブルが少なくなる時期になるため、黄体ホルモンが減少するこの時期まで控えるようにしましょう。

「保湿力」重視のスキンケアを

生理前の時期には、肌を休ませることが大事になります。肌に水分がしっかりとある状態なら、肌への刺激にも強くなるため、十分に保湿しましょう。また、皮脂が多くなる時期ですので、乳液などを使う場合にはさっぱりしたタイプのものを使うとよいでしょう。余分な皮脂は油とり紙でとるようにするとベタつきも抑えることができます。

紫外線対策も怠らずに

肌が生理前の敏感な時期には、紫外線に影響を受けやすいため。シミやソバカスができないように紫外線対策は念入りに行いましょう。

食事や生活習慣に気をつける

食事のときには、いつもよりも油分を少なめにしましょう。便秘になってしまうとニキビの原因となりますので、食物繊維が多い食材を摂ったり、水分の摂取に気をつけたりするなど、お通じにも気を配りましょう。暴飲暴食も肌トラブルのもとですので、控えるようにしましょう。睡眠時間もなるべくしっかりとり、規則正しい生活を行うことが免疫力を高めることに繋がります。

効果的とされるサプリメントも

女性ホルモンが原因と聞くと、サプリメントでなんとかしたいと考える方もいらっしゃると思います。そのような方におすすめしたいのが、大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンには、女性ホルモンの分泌量を整え、バランスを保つ作用があるといわれています。生理前のさまざまな不調の改善と予防に期待ができます。

病院での対処法は?

生理前のニキビは、まずは自分で生活を見直すことが重要です。それでも、なかなか効果が現れないというときは、病院を受診しましょう。しかし、生理前の肌荒れにはすぐに解消されるというような治療方法はまだありません。

ですが、女性ホルモンの周期的な変化が影響していることが分かっているため、皮膚科での治療でニキビの症状がなかなか改善しない場合は、婦人科に相談して低用量ピルを処方してもらうと黄体ホルモンの分泌を抑えるためニキビが改善することがあります。 とくに、生理不順をともなう場合は、卵巣に嚢胞を形成する病気が隠れていることもあり、その病気の症状の一つとしてニキビが出る場合もあります。

また、症状に応じた漢方薬の使用も有効だといわれています。生理前の肌荒れのほかにも、精神的な不調や腹痛、頭痛などの症状を感じる場合には、「月経前症候群(PMS)」の可能性があります。そのようなときには、医師に診てもらいましょう。

「生理周期とホルモンバランス」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play