ED(勃起不全)の基礎知識
2017年07月06日更新 2017年04月17日公開

朝立ちは男性における健康の証である理由

朝立ちという現象を恥ずかしがっている男性もいるようですが、朝立ちというのは決して恥ずかしいものではなく、むしろ健康の証だともいわれています。今回は、朝立ちについてドクター監修のもと、詳しくご紹介します。

監修医師

この記事の監修者
 サズカル参画ドクター 先生

朝立ちという現象は、健康の証といわれますがどのようなメカニズムで朝立ちをするか詳しく解説していきます。

朝立ちと健康状態の関係

朝立ちを生理現象として捉えるための正しい知識を説明します。

朝立ちは恥ずかしいのか

朝立ちをしてしまうと恥ずかしいという感情を持つ男性は少なくありません。自身の性的興奮が表に出ているのではないかと思ってしまう人もいますが、実はそうではありません。朝立ちにはそのような性的興奮と関係なく、引き起こされる現象です。そのため、朝立ちをしてしまうのは、男性であれば起こりうる現象なのです。

長期間勃起をしないのもよくない

ペニスというのは、海綿体にある血管に血液が集まることで勃起(ぼっき)状態になります。この勃起状態が長期間ない状態であると血流が悪くなるといわれています。ペニスの老化にもつながってしまいますので、朝立ちというのは非常に重要なのです。

朝立ちは健康の証

朝立ちというのは、正式には夜間陰茎勃起減少(やかんいんけいぼっきげんしょう)という名前が付けられています。人間は、眠っている間でも脳が働いている状態であることがあります。レム睡眠という名前であり、そのときに夢を見ることがあります。夜間性勃起現象もレム睡眠時に引き起こされるものであります。

朝立ちがないと体の不調も考えられる

このように、朝立ちは健康状態であれば、多くの男性が引き起こされるものです。逆に朝立ちがない場合は、体に不調をきたしている可能性があります。たとえば、朝立ちがない場合、男性ホルモンの分泌量が極端に減少していることが考えられます。また、血流によって勃起が引き起こされることから、朝立ちをしない場合は血管障害が引き起こされている可能性があります。このように、朝立ちだからと軽く考えず、異常がある場合は医師に相談することが必要になることもあります。

朝立ちのメカニズム

朝立ちというのは、先ほどもご紹介した通り、夜間陰茎勃起減少という名称があります。寝ているうちに性的興奮を覚えるような夢を見ていると朝立ちが起こると考えている人もいるようですが、そういったものではなく睡眠時には必ず起こるメカニズムとなっています。

レム睡眠とノンレム睡眠

睡眠の形態としては、大きく分けて二つに分けることができます。レム睡眠とノンレム睡眠です。通常このレム睡眠とノンレム睡眠は、交互に現れています。レム睡眠の時には、身体は寝ているのですが、脳は活動状態にあります。そのため、夢を見たり、勃起状態を引き起こしたりするといわれています。一方で、ノンレム睡眠というのは、脳も活動を抑えている状態でありこのときには夢などを見ないといわれています。

勃起状態は何度でも起きている

このように、レム睡眠時には勃起状態が引き起こされやすいといわれています。そのため、寝起きの時以外にも睡眠中にレム睡眠状態になっているときには、勃起状態が引き起こされやすいです。約90分毎のサイクルでレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しますので、眠っている間に何度も勃起が起こるのです。

睡眠中の勃起の必要性

それでは、なぜ寝ているうちに勃起状態が引き起こされるのでしょうか。現在もっとも信頼性の高い仮説では、勃起力のメンテナンスを行っているといわれています。勃起をしない状態が継続されると、血管や海綿体が小さくなってしまいます。さらに、血流が悪くなることによって、老化が進んでしまいます。そのため、定期的に勃起することでペニスの健康を維持しているといわれているのです。

朝立ちのセルフチェック

レム睡眠時でも、ずっと勃起しているわけではありませんので、朝立ちを確認できるのは毎日ではありません。しかし、1週間様子を見ても一切朝立ちがない場合は、なんらかの不調があるかもしれません。

朝立ちのセルフチェック法

自分が寝ている間に正常に朝立ちが起きているのかというのは、スタンプ法という方法でチェックできるといわれています。

  • 縦1列につながった状態の切手を準備します。
  • ペニスの根元に切手を巻き付けて、水で端っこだけ貼りつけます。この時に陰毛を一緒に巻き付けないようにしましょう。
  • 切手が貼りついたら、いつも通り睡眠をとりましょう。
  • 朝起きてみて、切手が切れたりはがれたりしている場合は、寝ている間にしっかりと勃起状態になっていたと考えることができます。

専用の道具も

手軽な方法として切手を使用することをご紹介しましたが、睡眠時の勃起が正常に行われているか判定するためのアイテムも販売されています。また、これらのチェック方法は、体調によっては健康な人でも勃起しない日があるといわれていますので、数日間連続でチェックを行うほうがよいといわれています。

「ED(勃起不全)の基礎知識」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play