ED(勃起不全)の治療
2017年04月17日更新 2017年04月17日公開

中折れの治療方法とは

途中でペニスがなえてしまい、最後まで性交できないことを「中折れ」と言います。ここでは、中折れの原因や検査方法、中折れを含む勃起不全の治療法などについて、ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

中折れは、泌尿器科や専門のクリニックなどでの適切な治療によって改善できる可能性が高いです。中折れの治療法について詳しく見ていきましょう。

中折れの治療方法とは

「中折れ」とは、途中で十分な勃起が保てなくなり、最後まで満足な性交ができなくなることを指します。中折れは勃起不全の一種ですので、治療方法は勃起不全と同様のものになります。泌尿器科や勃起不全の専門クリニックの医師に相談し、適切な治療を受けるようにしましょう。

中折れの検査方法

中折れや勃起不全の悩みを抱えている方の中には、悩みの部位が部位だけに、病院へ行って診察を受けることに強い抵抗感を持つ方も少なくありません。

診察や検査に際して、医師や看護師さんの前でペニスを出したり、触診されたりといったことがあるのではないかと不安に思う方もいらっしゃいますが、ほとんどの場合は視診や触診はなく、医師とのカウンセリングがメインとなります。どういった場合に中折れや勃起不全が起きてしまうのか、その程度や頻度などを聞き取ることで原因を探るため、心配されるような恥ずかしい検査はほぼありません。

検査では、カウンセリングや問診票で症状やストレスなどについての情報を聞き取り、検尿や血圧などの測定を行う場合が多いです。何か大きな問題がある場合を除けば精密検査を行うこともほぼありません。勃起の様子で気になることがある場合は、気軽に医療機関に相談しましょう。

中折れの治療(種類と種類別の特徴、効果)

中折れの原因は、心因性のものと器質性のものとに分かれます。

中折れを含む勃起不全の原因

  • 心因性の原因

ストレスやプレッシャー、不安などが原因で勃起不全になってしまう場合は非常に多く見られます。仕事や家庭などでストレスを受けると、脳下垂体が男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌を止める命令を出します。テストステロンは勃起を起こすために重要なホルモンですので、これが減少することにより勃起を維持できる時間が短くなったり、勃起自体が起こらなくなってしまったりする場合があります。

心因性の原因で勃起不全になっている場合、性交のときには勃起に問題が起こるのに対し、自慰のときは問題なく勃起して射精に至るなど、場面によって勃起の様子が違ってくることがあるのが特徴です。

  • 器質性の原因

勃起は、性的な刺激が脳に伝わることでテストステロンが分泌され、ペニスへ流れ込む血液が増加することで起こります。生活習慣病などで血管などの循環器系に問題がある場合や、神経やホルモン分泌に問題がある場合、勃起のメカニズムがどこかの段階で阻害されてしまい勃起不全が起こることがあります。

  • 激しい自慰による原因

ペニスを強い力で激しく握ってこすったり、床にこすりつけたりするなどの自慰行為を習慣にしている場合、女性の膣内の刺激では性的快感を得られなくなってしまい、射精までに時間がかかりすぎて中折れを起こすこともあります。これを「膣内射精障害」言います。

勃起不全の治療

勃起不全の治療では、対症療法としてED治療薬を使用して勃起しやすい状態を作ることと並行し、勃起不全の原因となっているそれぞれの原因を取り除いていくことが大切です。「ED治療薬」と言うと、それさえ飲んでいれば勃起不全が根治するようなイメージを与えがちですが、実際は一時的にペニスへ血液が流れ込むのを阻害する酵素の働きを抑えるだけの薬ですので、勃起不全の根本的な解決には至りません。

  • ED治療薬

ED治療薬には、「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」などの種類があります。服用のタイミングや使用する容量などについてドクターからきちんと指導を受け、用法容量を守って正しく使いましょう。誤った使い方をすると重篤な副作用を引き起こす場合がありますので注意が必要です。

  • 心理療法

心因性の原因で勃起不全になっていると考えられる場合は、カウンセリングなどの心理療法を受ける場合もあります。原因となっている悩みや不安を取り除くことによって症状が改善するケースもあるので、薬での治療と並行して行うとよいでしょう。

  • ホルモン療法

男性ホルモンの一種であるテストステロンが加齢やストレスなどによって減少してしまっている場合は、注射などで不足している分を補うこともできます。テストステロンの量が増加することで、ペニスへの血液の流入が促進される効果が期待できます。

  • 各病気を治療

生活習慣病や神経の病気が原因となっている場合は、それぞれ専門の治療が必要です。原因となっている病気がよくなるにつれ、勃起不全も改善される場合も多いです。

  • 激しい自慰行為をしない

膣内射精障害と思われる場合は、力を加えすぎる激しい自慰行為を行わないことが大切です。改善までに長い時間がかかる場合もありますが、弱い力でも射精に至ることができるように徐々に慣らしていきましょう。

中折れの療養のポイント

中折れや勃起不全などの性機能の問題は、本人のプライドを傷つけてしまう場合もあります。「中折れしてしまう」「勃起不全である」ということ自体がストレスとなって症状の悪化を招くケースもあるため、勃起の様子に異変を感じたら早めに医療機関で診察を受けるようにしましょう。

「ED(勃起不全)の治療」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play